WACAウェブ解析士マスター講座サブ講師をおこないました

2012年7月から、都内にてウェブ解析士マスター講座(18期)が実施されていましたが、

そのサブ講師をおこないました。

 

 

ウェブ解析士の資格の仕組みは、初級→上級→マスターの三段階となっています。

 

初級は、アクセス解析、ウェブ解析の基礎を身につけることが目標、

上級は、コンサルティングができるレベルを目標にしています。

 

そしてマスターは、初級と上級の講師ができる資格です。

つまり、マスター講座とは、ウェブ解析講師養成講座の位置付けです。

 

私は、2010年末に第1期のマスター講座で資格をいただき、

定期的に初級・上級講座の講師をしていたのですが、

今年はマスター講座のサブ講師をやらせていただきました。

 

マスター講座は、「教えるための知識・スキル」を教える講座ですので、

初級・上級講座とはまったく内容が異なります。

 

また、上級講座でレポートの採点があるため、

マスター講座ではレポート課題が2本あります。

 

マクロレポートとミクロレポートの2本があるのですが、

これまた、とてもキビシイ採点がありまして、

マスター講座受講中の皆様は睡眠時間を大幅に削って取り組んでいます。

 

サブ講師はというと、講義の日だけ出ればよいわけではなく、

日々、受講生の皆様からのレポート相談、レビューなどがあるため、

私もあまり眠れない日々を過ごしておりました^^;

 

そして、マスターとなるための試験はレポート2本だけではなく、

もちろん、講義をきちんとおこなえるかどうかの実技があります。

 

3日間で初級・上級の内容を全てマスターし、

話せるようにならなければいけないので、この準備(練習)も必要です。

 

今回は、連日のレポートレビュー、講義練習のための自主練習会と

サポートさせていただきました。

 

とても熱心な18期受講生の皆様方でしたので、

受験された方々全員、合格!という嬉しい結果となりました。

私も自分のことのように嬉しかったです!

 

マスター講座を合格された方は、今度は教える立場として

講師になっていかれるため、

私自身が過去の講座で得たコツやポイントも、

できる限りお伝えさせていただきました。

 

マスター講座を受けられた方は、

講師資格はもちろんなのですが、ご自身がコンサル実務をおこなう上でも

得るものが多々あったのではないかと思います。

 

私も、ウェブ解析を学びたい、仕事に活かしたいという方々の助けになれば

本当に嬉しく思います。

 

ただ、マスター講座は講師もとてもシビアな毎日になるため、

8月に18期を終えた後は、お休みさせていただいています。

 

 

 

ページのトップへ